2014年12月31日水曜日

心に残るスピーチ

帰省中のスーパーひたちの車内で、小さなiPhoneの画面でブログアップしております。 自分自身がこれほどの筆無精とは(汗)というか、それほどブログに綴りたいこともなかったというのが正直なところですが(笑) さて。 その時々で心に残る本や、映画、絵画などがありますよね。ということで、今年、心に残ったスピーチを改めて振り返ってみたいと思います。そんなに長いリストにはならないと思いますので(笑) まずは、ハリーポッターシリーズのハーマイオニー役が有名なエマ ワトソンさんの国連でのスピーチ。 Emma Watson at the HeForShe Campaign 2014 - Official UN Video HeForShe というキャンペーンについて。社会的性差(ジェンダー)の問題点を極めて理知的にかつ情熱を持って語りかけています。 このワトソンさんのスピーチを聴いた時、すぐに連想したのが、イブ エンスラーさんの、次の TED でのスピーチです。 Eve Ensler: Embrace your inner girl 思えば、The Vagina Monologues (膣が語り出す)で度肝を抜いて以来、とにかく怒りを糧に突き進んできていた印象のあるエンスラーさん。アメリカ主導のただの男バッシング、いわゆる「man hater 男嫌いのフェミニスト」なんじゃないかという僕の予想は完全に外れました。 「girl cell」という考えをここで彼女は提示しています。ぜひ、観てください。 初めて、ワトソンさんやエンスラーさんのように女性側から、女とか男とかの垣根を越えた理想を話してくれたことで、大学の頃からの疑問が少しだけ解け始めてきた気がしています。 だから、これからは、男側から「女のくせに」って考えないようにする代わりに、「男だから、男のくせに」って女の人も思わないようにしないといけないんですよ? チン○だなんだで全人類を全てにおいて二分割するっていうことを、みんなでやめていかないと未来が開けていかないんですよ。 現代のジェンダー構造が続いているのは、女男限らず、人々の多くが無意識に内在して、次の世代につなげてしまっているからなんですから。 だからこそ、貴方が悪い、と批判するんじゃなくて、わたしが変わる、を実践していかないと、と改めて思い直した、そんな2つのスピーチでした。 トークの最後での朗読には、心が震えました。girl power の真髄を見た気がします。 "I looove being a girl. I'm an emotional creature." ぜひ、聴いてみて下さい。 次は、好感度ナンバーワンな女優 サンドラ ブロックさんの、ニューオーリンズの高校での、卒業生へのスピーチ。 Sandra Bullock 's Unexpected Inspiring Speech To High School Graduates 高校を卒業して、新たな一歩を踏み出す彼ら彼女らに、ブロック節が炸裂します(笑) 人前では鼻をほじらないこと、と語り心をガッチリ掴んだ後の教訓といい、あんまりあれこれ心配しないこと、と優しく諭すところとか、上手い。 そして、スピーチ最後のメッセージには、思わず胸がいっぱいに… 対して、卒業スピーチとしては異色の、あまりアガらないタイプがこちら。 This Is Water - Full version-David Foster Wallace Commencement Speech 1990年代米文学最高の作家、と評されるらしいデビッド フォスター ウォレスさんの、とある大学での卒業スピーチ。 聴いてみて、正直で繊細な人だなぁ、と思うと同時に、こんなに繊細で大丈夫なんだろうか?と思ったら、2008年に自殺してお亡くなりなのだそうです… ウォレスさんの何をも知りませんが、この世は彼には矛盾しすぎた世界だったのかもしれません。 スピーチを要約すれば、あらゆるもの全てを、疑って考え直すことを怠らないことが、真の教育だと言っているんじゃないかと思うんだけど、少し難解。彼の知性にまだまだ追いついていないってことですね。 そして次は、そんな矛盾に折り合いをつけながら、ずっと教育者を続けているド迫力の先生からのメッセージ。 Rita Pierson: Every kid needs a champion 納得できなくても何もかもを受け入れて、それでも自分にできることをやる。現場を生きている強さ。まさに girl cell の体現者のお一人ですね。 人と人との繋がりがあるからこその教育。その通りです。 最後は、お馴染み(?)エリザベス ギルバートさんの短めスピーチ。 Elizabeth Gilbert: Success, failure and the drive to keep creating 何があろうとも、し続けること。諦めないこと、諦めないことを続けること。 観てくださいね。 時は切れ間なく流れていくから、今年だとか来年だなんて無理矢理切らないで、今を大切に続けていこうと、思い直したのは大晦日だから?でしょうか(笑)そんな矛盾もまた、面白くないですか? みなさま、よいお年をお迎えくださいますよう。 そして、これからもよろしくお願いします!

2011年3月20日日曜日

ameblo

TYGのスタッフさんに勧められて、あめぶろにもブログを作って見ました!


http://ameblo.jp/goofyyoga/


いやぁー、ブロガーに比べて、あめぶろって(良くも悪くもw)いろいろありますねぇ〜〜〜


こちらも、継続していくつもりですが。
どちらもよろしくお願いします!

2011年3月16日水曜日

出来る限り続けようと思います。

自然が猛威をふるうと、人はここまでちっぽけで無力なのか…




大地震と大津波の後は、原発の状況が不透明だし、
関東でも一日に何度かは揺れが続いていますよね。




僕も、何とも言えない不安をなんとかして振り払おうと思う毎日です。


だって、
まだ怪我もしていない、
うちも流されてない、
実際の自然の被害は受けていない。
生きている。




涙なんて、被災しなかった僕らが流すものじゃない。
今、一番泣き叫びたいのは、ご家族やおうちを失った被災地の方々だと思う。
でも泣き叫んでも何も良くならない、被災地の人たちは、必死で寒い夜を耐えている。



だから、今は、必死でたくましく生き延びている被災地の方々に恥じないように、
被災しなかったわたしたちが、踏ん張って頑張らないといけない、





普段、頑張るなんて言葉は使わないようにしてるつもりなんだけど、
今はそれしか表現する言葉が思いつきません。




与えられたこの日常を感謝して過ごさないと。


かたちのない、目に見えない恐怖に負けないこと。
自分に言い聞かせています。




いろんな考えがあって、皆さんそれぞれがベストと思うことをしています。
間違いとか正しいではない、というアドバイスを頂きました。
そうですよね、それぞれが、全部正しくて、ベストなんだと思う。




だから、僕は、出来る限り、頂いているヨガクラスの枠は続けようと思います。
電車が動いて、スタジオに着けるのなら、たとえ参加なさる方が居なくても、
僕はそこに居たいと思います。


何もない平凡が、これほど大事だと思ったことはありません。




その平凡な日常を続けることが許されている時間の限り、続けようと思います。



2011年3月8日火曜日

4月10日、ワークショップ開催します!

3月も1週目を過ぎるというのに…


雪…


寒い…


あとひと月もしないうちに、桜の季節になるとは思えない。


とか毎年言っておきながら、春はそれでも訪れるんですよね。
季節というか、時の流れには毎年毎年、感動すら覚えます。




さて(多分)、そんな、うららかな(になっているであろう)4月の初旬、
青山TYGさまで、初のワークショップを開催します!


当初、バックベンド系に特化したものにしてみませんか?などとスタッフさんにもちかけたのですが、
協議の末、パックベンドも含め、もっとアナハタチャクラの辺りに重点をおいた、
「ハートオープニング」的要素を強めた、ワークショップに決定いたしました。


http://www.tokyo-yoga.com/event/detail.php?event_id=328


骨格からみて、ただ単に、後屈を考えた場合、
背骨の可動域というのは、あまり、練習をしたからそのぶん曲がるようになる、という部分でもないように思います。


もちろん筋肉や関節の可動域を広げることは可能ですが、最終的に、骨と骨がぶつかってしまったら、それ以上はもう曲がらないはずなので。


今回、後屈ポーズにもいくつか挑戦しますし、ペア、3人以上でのサポートを利用した方法なども取り入れますが、
それ以上に、胸を開いて、開放感を味わえるような、そんなワークショップにしてみようと考えています。


後屈=首とか頭痛くなるしー とか、
腰痛めそうー というイメージが強いかもしれませんが、


胸を開く、と考えれば、さほど、先入観なく、ポーズに取り組めるのではないでしょうか?


腰を反らすのではなくて、
カラダの前面を伸ばしてみましょう!


ご参加、お待ちしています!

2011年2月15日火曜日

陰ヨガ…

What's "Yin Yoga" anyways???


今までやってたヨガと違うのー???
と思いますよね。


僕自身も、未だに「陰ヨガ」だけで考えると、ん〜〜〜、何だろ?
って思うこともありますが。


ポールグリレー先生や、ACO先生のワークショップを受けて思ったのが、
「陽」的なヨガと比較して「陰」的な要素が多いヨガ、なのかなぁと。


動きが少なくて、ポーズもシンプルで、地味でw


でも、別に、今までにも、名前を付けないだけで、陰ヨガっぽいことは僕は自分で練習する時にしていた気がするし、
ヨガだけじゃなくて、柔軟性をつけたいと思う多くの人たちが、してきたことではないでしょうか?


と、いうわけで、
ウパビシュタコーナアーサナ


もとい


ドラゴンフライ(とんぼ)のポーズを、青山TYGさんで空き時間に練習させて頂きましたw










最初はまーこのぐらいから。






2、3分経ってから、少しずつ骨盤をぐりぐりっと…
恥骨をマットに付けるよーな感じで…
(僕の骨格上?)実際は付いてないですけど…w




あだだだだ…


ヨガスタジオさんには、大抵ボルスターとか毛布とか用意している場合が多いので、
プロップは最大限活用しましょ〜〜〜!


上半身は、ぜーんぶボルスターに預けて、自重で…


リラックス…






は〜〜〜






ふ〜〜〜




こんな感じで10分間、トンボのポーズをキープしてみました。


僕は、右の股関節がものすごく詰まっている感があるので、こんなふうにキープした後は、少し、詰まりが取れたような、感覚あります。
一日ぐらい経っても、効果は持続しているような。


その日、その時のカラダの状態に合わせて、自分のカラダの重さだけでアジャストしながら、できるヨガ。


何気に、一番、おうちでするには合っているヨガなのかもしれませんね〜!




ではでは〜!!!




thank u for reading my blog!
ありがとうございま〜す!

2011年2月9日水曜日

そろそろ…

whoever is reading my blog, thank u :-)
i'll try updating more often, so keep coming back, pls!




and i guess it's about time to express how i really feel toward what's so called this "yoga"  thing.




というのもですね、ヨガイントラ募集などであちこち伺うと、
たまに厄介な質問をされるわけですw


一番困るのが「貴女は」あ違った「貴男はヨガを通じて何を(クラス参加者に)伝えたいですか?」。





特にはないです、とはっきり言うのも印象悪いかね?と思うのですが、
やっぱり考えても、そんな大層なモンないしー…




誤解を避ける意味で、適当にやってんのかよ?というとそうじゃないです。
楽しく、安全に、ヨガを楽しんで続けてゆく上で、少しでもプラスに働くクラスにできるように、
あれこれ考え、日々試行錯誤してます、ホントに。


でも、「何を伝えたいですか?」って、
「何かを伝える」っていうこの一行に、どれだけの傲慢さが詰まっているのか、質問してくる方達は考えているのかしら?と。


人サマに、「何か」を大上段から振りかぶって伝えるだなんて、そんなこと。
たかだか全米200時間だかなんだかとったり(とってないけど)、
インドに何ヶ月だか何年か行って「修行」をして帰って来たぐらいで(ってインドではしたことないけど)、
そんなかたちのない壮大な「何か」をヨガに関して伝えられるのか?おめーはよ?という、自分への疑問が僕にはいつでもあります。




もちろん、アリだとは思うけれど、例えば少しの間インドに行って、何かを学んで、インドについて語ること。


そこに、微かな違和感を、やっぱり僕は感じてしまいます。


インドに生まれ育って骨を埋める多くの人に、胸を張って、
インドについて、ヨガについて、日本で語っちゃってる自分のこと、
誇れます???




人に何かを伝えるということの責任の重大さを、全て重さを受け止めて、その上で発言できているのか?と。




少なくとも、個人的には、無理です。
そんな重荷、背負えません。まだ。
たかだか36年ぐらいしか生きていないこんな人生の中で、人様にお伝えできるようなことは、まだ無いんですよ。








僕のこのきもちにはもう一つ、祖父母のことがあります。


母方の祖母は90過ぎまで、祖父は103歳まで生きました。


二度の世界大戦と、戦後。
明治、大正、昭和、平成を貫いて、
my grandpa outlived three emperors of japan.


別に、何を成し遂げた人たちではないし、歴史の教科書に名前が載るような人たちでもないです。


けれど、長く生きることのもの凄さを、僕は、目の当たりにさせられました。


死ぬ最後のほうは、二人とも苦しそうな時も多かったし、正直、こんな状態で生き続けることが幸せなのかな?と思うことも、あったり。
それはまた別の話しになるんだけど、
そんな中でも、やっぱり、生命力強いんですよw二人とも。
現代の医学も手伝って、ちょっとやそっとの発作や風邪じゃ、またすぐ治っちゃうんですよね。


100年前の日本を見ていた祖父。
彼の目に、今の世の中はどう映っていたのか、分かる筈も無く。
でも、どんな時代でも、必死に生きて、生き続けようとして、100年以上を生きた人。


僕の祖父だけじゃないです。
70年、80年、90年、100年を生き抜いた、その他の大勢の人たち。
そんな人たちも一緒に生きている今の世の中で、
その世の中で、不自然に切り取られたヨガスタジオ、ヨガクラス。
たかが60分、90分。


一体、まだ30そこそこのお前に、人様に、何を偉そうに語れるんだよ?


そういう、引け目が、僕にはいつでもあります。
多分、無くなることはないでしょう。




だから、僕には、まだ、伝えられることなんて、ないです。


この一行を言うために、その前に書いたこと全部を言わせてくれる面接をするスタジオもフィットネスジムもないのでw
結局、適当に誤摩化して答えるか、
誤解を承知で正直に「ない」と答えるか。




ヨガと関係なくないかって?


そんなことないですよ!!!
ヨガマットの上ですることだけがヨガじゃないですよね。


人としての素晴らしさは、
マットの上で何ができるかなんて、そんなこととは大して関連はないじゃないですか?!




だからこそ、逆に今の僕に残された道は多分、
人間のカラダの動きにより重点をおいた、ボディワークとしての視点から見る、ヨガ。
そこで何をどう感じるかなんて、その人それぞれで違うんだから、僕はもうどうしようもないですよ。
何かを伝えようだなんていう意図を込めるより、参加者の人たち、一人一人に、自由に、思うように、カラダと呼吸を感じてもらえるのなら、
それがもしかしたら、僕がヨガクラスを通じて、感じてもらいたいことなのかもしれないです。




参加者の年齢に限らず、関わらず、僕が同じに伝えられること。
やっぱ、まだそこしかないです。
それだって、まだまだ… 自信ないこと多いですけど(汗)








and now,
i'm planning to try out something new in april!
when i have more details, i'll post the info here.


thanks for reading my blog, ありがとう〜!

2010年12月3日金曜日

久々のアップです。

どうもこんばんは、

寒い寒いと身構えて出かけると、何気に暖かい日々が続いていますが、
今年の冬は暖冬か?極寒か???暖かいといーなー 温暖化は問題なんだろうけど。


日本時間で、3日の早朝に、
NASAが、地球外生命体についての会見を行う、というニュースに、一人ドキドキしてますw
映画「コンタクト」を思わず連想しました。
こんなに広い宇宙なんだから、絶対に居ますよね、他の星にも生命は!




さて、ヨガについては、
わざわざブログにアップするような大きなネタもなく…(汗)
淡々と日々と過ごしているのですが、
今月から、TYG青山さんでのレギュラークラスが増えたので、
そのお知らせをと思いまして。

まず、
毎週火曜日 ジェントルフロー 19:00〜20:15
ビギナーの方向け、としていますので、どなたでもご参加頂けます。

あと、日曜日のお昼、
これは、19日の日曜からなのですが、
日曜 12;15〜13:45 これは1時間半なんですねw
これもジェントルフローのクラスです。
なので、5日と12日は、クラスなしです。
19と26です、ハイ。

そして、12月23日(木)の20:30〜21:45 レストラティブヨガ
のクラスもあります。あらま、イブイブじゃーないですか!!!w

と、こんな感じです。
詳しくは、TYGさんのHPもご覧下さいませ。


あ、全て青山スタジオさんです。

今後とも、よろしくおねがいしま〜す!